総量規制対象外でお金を借りるなら銀行へ

かつて消費者金融が過剰融資や多重融資をして、借入を返済しきれない人が多くなり年々自己破産する人が増え続けたことがありました。これを何とかしようと作られたのが総量規制で、年収に応じて消費者金融なのどの借入を制限する仕組みです。具体的には年収の三分の一までと決めたルールですが、これには多くの例外があります。例えば住宅ローンやオートローンなどです。それだけでなく一般的なカードローンでも総量規制対象外となるのがあります。その一つが銀行が独自に審査して貸す場合です。つまりカードローンで年収の三分の一以上のお金を借りるためには銀行を使うことになります。銀行と言えば審査が厳しく簡単にはお金を借りることが出来ないイメージがありますが、実際の年収にかかわらず十分な返済能力があるかどうかを銀行は総合的に判断することが出来ますので、案外簡単に総量規制対象外のお金を借りることが出来ます。特に専業主婦で自分自身には収入が無い場合でも配偶者の人に安定した収入があれば総量規制対象外でお金を借りる事ができます。金額的には多くはありませんが事は割りと簡単でです。また大きな金額を借入するときはカードローンであっても総量規制対象外で銀行に借りるのが良いでしょう。借り入れ金額が大きくなればなる程金利の差が安くなるので、銀行が圧倒的に有利です。銀行であってもカードローンは比較的金利が高いのでフリーローンに比べてれば震災が通りやすくなっています。